khurata’s blog

khurata’s blog

ガラケーからスマホになって不便になったこと

 2022年3月から auスマホ arrows We FCG01 に乗り換えて、半年ほど経つ。 au は同年3月いっぱいで 3G を停波し、いわゆるガラケーは使えなくなった。 Android OS を搭載したガラケー形の端末、いわゆるガラホは使える機種がいくつかあるが、すでに母親がガラホを使っていて、モッサリした動きだったのを知っていたので、自分はスマホを選んだのである。

 私のガラケーの用途は、音声通話とキャリアメール、たまに SMS だった。 私にとって最後のガラケー端末 W53S はインターネットも使えたし、それでごくたまに LINE や twitter を使った事もあるが、実用的とは言い難いほど動作が重かったし、実際に使った事は20回にも満たなかったと思う。

 私のキャリアメール最多の送信先は自宅の PC である。 出先でふと思いついた事をメモ代わりに短い言葉で、自宅に送るのだ。
 自宅では PC のメールチェックはほぼ毎日しているので、メモした事を忘れる事はまず無い。 ガラケーのキャリアメールプログラムは起動も速いし、物理ボタンとジョグダイヤルで文面作成も速く(と言っても PC 用キーボードには遠く及ばないが)自宅にメールを送るハードルは低い。

 ところが arrows We FCG01 のキャリアメールプログラムは、まず起動に数秒ほど待たされる。 プログラム起動に時間が掛かるだけでなく、電池持ちのために普段はスマホの電源を切っているので、まずは電源投入から始めなければならないのも億劫だ。 ガラケーなら1週間は余裕で電池が持つので、電源を切る事はほとんど無く、メモを送りたい時にすぐ送れたのだが……。
 フリック入力も慣れないため入力に時間が掛かる。 短いメモを打ち込むのに、間違えて打ち込み直すこともしばしばで(※)、スマホにしたがゆえに、自宅にメールを送るハードルが急に上がってしまった感がある。

 もっとも、それ以外の用途に関しては、スマホの方が断然便利で、比較にならないほど良い。 もっとも W53S は 2007年製、FCG01 は 2021年製で、実に14年もの開きがあるのだから、良くなっていなければおかしいのだが。

----------------------------------------------------------------------

※ 年を取ると皮膚の水分量が減るため、なのかどうか、タッチパネルが反応したりしなかったりする。 そのため思った通りに打ち込む事がなかなか出来ないし、電源投入時のロック解除もしばしば失敗する。

香川照之氏のセクハラ行動について思うこと

 ここ数日、TV や週刊誌において、香川照之氏が約3年前に銀座の高級クラブで仕出かしたセクハラ行動が報道され続けている。

 この件、大前提として、最も悪いのは(本人も認めているので)香川照之氏本人であるし、酒に酔った上だからと言って許容されるものではない。 本来ならば刑事事件になってもおかしくない話で、本人の猛省は必要だ。

 しかし、被害者側についても、私が思うところは少なからずある。

 そもそもの話、香川氏が通うほどの銀座の高級クラブならば、いくら上客といえども、そのような下品な振る舞いは制止されるはずだし、されねばならなかった。 私は「クラブママの髪を後ろから鷲掴みにした写真」を見ただけだが、こんな事態が起こる前に、他のホステスや黒服は制止できたはずだ。 それが出来なかった時点で、高級クラブとしての運営は失敗しているし、客選びも失敗している。 つまり「高級クラブ」とは名ばかりで、客の下品な振る舞いを許容した時点で、高級という看板は降ろすべきなのだ。
 そのような写真を隠し撮りしているヒマが有るなら、写真を撮った人物はまず制止しなければならなかったし、写真を撮られるヒマが有るなら、ママさんはかわさねばならなかった。 それすら出来ない人物がクラブママをやっている事が、私にはちょっと信じられない。 高級クラブが酔客を犯罪者に仕立て上げるなど、有ってはならない事なのだから。
 また、報道では「ブラジャーをはぎ取った」り、「キスをした」り、「乳房に触れた」りもしたそうだが、それらの証拠を私は知らないので、これについては何とも言えない。 もし事実であるならば、「髪を鷲掴みにした」と同様、これまたクラブ側が制止しなければならない行動である。 そんな下品な客はウチにはいらない、という毅然とした態度を高価で提供する事こそ「高級クラブ」の仕事ではないか。

 次に、なぜ3年も前の話を今更蒸し返すのか、だ。 香川氏ほどの芸能人ならば、3年も経てば色々な仕事に関わり、影響はだんだん大きくなるであろう事は容易に想像できる。 3年も経ってから暴露するという行動は、この3年の間、香川氏が携わったいくつもの仕事を台無しにし、それらの仕事を支える多くの人々の業務業績をも失わせ、その人達の将来を奪い、大袈裟に言えば国富を損なう行為なのだ。
 香川氏が問題行動を起こしてすぐに店側が刑事告訴したり報道に暴露していれば、影響は抑えられたのである。 わざわざ3年経って、「トヨタイムズ」とかをやり出してから問題提起し話を広めるのは、私の感覚で言えば「性根が悪い」。
 先にも書いた通り、客の問題行動を止められなかった店側に「高級クラブ」を名乗る資格は無いが、その事をさて置いても、すぐに問題提起するなり、あるいは慰謝料をいただいて手打ちにしてもらえば良かったのである(「してもらう」という書き方である理由は、客の問題行動を止めるべき側が止められなかったからである)。

 こうした状況から生まれる「下衆の勘繰り」は、「新型コロナ禍で店が立ちゆかなくなり、もうどうせ閉店するのだからブチまけてしまえ」という店側の事情だ。
 そういう事情が無く、店側が今後とも「高級クラブ」として営業を続けたいのであれば、そうした報道に対して営業妨害だと憤り、差し止めなければならない。 繰り返される報道は「この店は全然『高級クラブ』なんかじゃ有りませんでしたよ」という内容なのだから。
 それら報道を黙って見ているだけなら、もはやその店は「下品な客を受け入れる程度のクラブである」と自ら認めているに等しい。 高級も何も有ったもんじゃない。 これが「今の銀座」なのか。 客が安心して酔うことも出来やしないなんて、嘆かわしい事だ。

最近のはてなブログの謎

 最近、はてなブログにログインしても、画面右上に「ログイン」と表示されたままになってしまった。 環境は Windows 10 と Firefox 103.0.2(いずれも 64bit)。

 このままだと新規投稿も出来ないなぁと思いつつ、右上の「ログイン」をクリックすると、「マイブログ」の管理画面に遷移する。 つまりログインは出来ているのだ。 ここに「記事を書く」があるので、新規の記事はご覧の通り投稿できるのだけども、ひと手間余分だし、そもそもログインしているのに「ログイン」が表示されている意味が分からない。

 以前はこんな事は無かったのだが……。

テレビと新型コロナ禍に思う

 超久々にブログを書く。 この間、書くべき事が無かったわけではないのだが、ついつい他のSNSなどにかまけていた(汗)。

 

 さて……たまたま先ほど、部屋の掃除をしながらTVの午後の情報ワイドショーを流し見していたところ、医学や疫学やウイルスに関して専門家では無さそうなコメンテーター達が、「第7波が来る前にいろいろ手は打てたはず」だとか「お上がやっている事は全て後手」だとか、好き好きに勝手な事を言っている。
 まぁ、このようなTV番組は、ほぼ全て台本通りに進行していると聞くし、その台本は「コメンテーター個々のキャラクター」を壊さないように書かれているのだろう。
 また、そうした台本進行は、「愚かな下々の民」が「そうだそうだ」と溜飲を下げる効果も狙っているのであろう。

 そうした事を好き好きに言い散らかすのは、もちろん自由だし、それを額面通りに受け取るかどうかも、もちろん自由である。
 しかし、「門外漢が思いつきと後出しで言えるような事は、専門家や実地の人達にとっては、すでに洗い出し済み」なのだ。 何の責任も取らず、後出しと思いつきで好き勝手なことを(台本通りに)言って、それでカネがもらえるのはボロい商売である、と言うほかない。 ある意味ではとてもうらやましい話ではある(苦笑)。


 また、コメンテーター達は(と言うより台本を書いた人達は)、社会の仕組みが1人2人の思いつきと独断専行で簡単に変えられると思っているように見受けられる。 現代の日本社会は原始社会や小さな村などと違い、法律も制度も利害関係も複雑だし、何かを変えたり決めたりするには、原則として、民主的な手続きを踏まねばならない。 そのため、意志決定はどうしても遅くなるし、素人目から見れば緩慢で後手に回っているようにも見えるだろう。

 ならば、民主的な手続きの遅さに文句を垂れる方々は、中国とか北朝鮮とかロシアとか現ミャンマーのような、強権・独裁体制の国家に移住すれば良いのである。 意志決定は迅速・強力で、医療制度の変革すら1日で成る。 そのような国では、さぞや素晴らしい医療体制が提供され、新型コロナ禍は見事に終息している事だろう。

矛盾と嫉妬

 断言する、という事はなかなか難しい。 何しろ世の中は「こうだ」と言い切れることってあまり無いのである。 「科学的知見」ですら、言い切って良いものではないのだ。

 ZOZOTOWN の創業者である前澤氏が、日本の一般民間人として初めて ISS国際宇宙ステーション)に滞在する、という報道を受けて、一部の方々からは批判が起こったようである。

 いちいち詳しくは見ていないが、「金持ちの道楽見せられてもなぁ」とか、「個人的な趣味・享楽より、動物愛護とか、もっと喫緊・必要な事に使ってほしい」とか、おおむねそんなところのようだ。
 しかし――貧乏暮らしの私が言うのも何だが――、そうした批判的な意見(に見える文句)は、全て矛盾か嫉妬である、と私は言い切る。

 

 金持ちの道楽見せられても、というのはテレビ朝日の報道キャスターの言らしいが、民放が、どれだけ普段から金持ちの道楽を放送しているか、ご存じないのだろうか。 リチャード・ブランソン氏の「ヴァージン・ギャラクティック」は金持ちの道楽ではないのか。 イーロン=マスク氏の「スペースX」はどうなのだ。 高級グルメ、豪華客船、世界のあちこちに旅して回る、そういう番組は何なのだ。
 そもそもの話として、民放という存在自体、壮大な金持ちの道楽ではないのか(秋山豊寛氏はTBS在籍時に本邦初の宇宙飛行士となった;そのため毛利衛氏は本邦初にはなれなかった※)。 「金持ちの道楽」発言は、民放の人間としては矛盾していると言わざるを得ない。

 

 動物愛護とか喫緊の課題に使うべきだ、と言う方々には、上から目線で恐縮だが、「恥を知れ」と申し上げたい。
 そんな事は自分のカネか、税金でやるべき事であって(もしくは自ら財をなげうってくれる人を待つ)、他人様の懐に手を突っ込んで「これをやれ」と言う筋合いは無い。
 それを平然と、公けに主張する人物は、「私は、他人様のカネで、自分がやりたい事をやるべきだ、そう考えているのです」と言っているに等しい。

 確かに、動物愛護や、喫緊の課題は有ろう。 それは一個人の道楽よりもはるかに「重い」ものかもしれない。 「喫緊」の「当事者」である方達にとっては、特にそうであろう。 「こんなに苦しい自分(達)が、さも存在しないかのように、百億ものカネで享楽しているなんて」と憤慨もされているであろう。

 だがしかし、重ねて申し上げるが、喫緊の窮状は他人様の私財を求めて「助けてもらう」物事では無いのだ。 あくまで自助か、税金によって、賄われるべき事である(もしくは「助けてあげましょう」と自ら名乗り出る人物を「待つ」べきである)。
 だから、そのように憤慨される方々は、自治体や国に向かって、どれだけ困窮しているか、どれだけ切迫しているかを常々訴え、選挙にあたっては権利を行使しなければならない。
 他人様の懐に手を突っ込むような真似や、それを是とする言動は、自らを低きに貶めるのみと知るべきである。

 


※ この事から、当時は秋山氏がかなり非難された憶えがある。 しかし秋山氏はあくまで会社員として社の業務命令に従っただけであり、秋山氏を批判するのはお門違いであろう。